企画部門

鹿島臨海鉄道を活性化させるための企画案を提出・発表する部門

  • 企画案はパワーポイントで作成し、21日(月)に集合時に、パワーポイントと読み上げ原稿の電子データ(USBかSDカードで)と、紙媒体の2種類を交流会スタッフにご提出ください。記憶媒体は、大会最終日までに各校に返却します。
  • 23日(水)に、大洗文化センターホールで企画のプレゼンテーションをお願いします。 プレゼンテーションの時間は、各企画概ね10分程度とします。提出された企画案は、プレゼン時スクリーンに映し出され、一般公開されます。
  • プレゼンの内容は、複数提案を含み、コンセプトを明確に主張してください。参加校多数の場合は各校ごとのプレゼンの時間を制限する場合もあります。
  • 事前に鹿島臨海鉄道大洗鹿島線などの歴史や現状、地域性などを調査したうえで企画を立ててください。
  • 地場産業などを活かし、地域全体が長期活性化するようなものが高評価になります。
  • 優秀団体には、「茨城県知事賞」「大洗町長賞」「鹿島臨海鉄道社長賞」「地方鉄道交流会会長賞」などが授与されます。(申請中) 「鹿島臨海鉄道社長賞」には、副賞として、ヘッドマーク制作権が付与されます。大会後に鹿島臨海鉄道から伝えられる基準でヘッドマークを制作し、掲載して貰う権利が受賞団体に与えられます。大会後お知らせする規定にしたがって制作し、電子データを交流会に提出してください。

写真部門

鹿島臨海鉄道と沿線地域を題材とした写真を期間中に撮影し、その芸術性を競う部門

  • 写真はデジタルデータで回収し、スクリーンに投影しますので、銀塩写真は対象外とします。
  • 写真データは1枚5MB以内にしてください。対応画像はjpgのみです。
  • 22日(火)に沿線各地で撮影してください。地元写真愛好家の方々のアドバイスも受けられます。
  • 写真のデジタルデータは、22日(火)午後7時までに所定のサイト(インスタグラムを利用の予定)に入稿してください。
  • 提出できる写真は、1人につき1枚を限度とします。
  • 優秀作品には、「大洗町町長賞」「鹿島臨海鉄道社長賞」「地方鉄道交流会会長賞」などが授与され、鹿島臨海鉄道駅構内をはじめ、地方公共団体など関連施設にて公開展示されます。