昨日より3日間の行程で、第5回全国高校生地方鉄道交流会のと鉄道を舞台に始まりました。本日はその2日目が終了しました。

本日は参加各校が事前に作成した行程に従って、沿線での写真撮影や地元の方々との交流を行いました。また、お昼ごろには能登中島駅に集合し、郵便車である「オユ10」を見学させていただくと同時に、 この車両の保存・利用の活動についてもお話を聞く機会を作っていただきました。 参加した生徒たちも満足そうでした。また、地元金沢市出身の写真家である湯浅啓氏からものと鉄道沿線の写真撮影についての講座を行っていただきました。

宿舎に戻ってからは各校とも翌日の企画案の発表に向けて、最後の準備に余念がない様子でした。

3日目となる明日は、穴水駅から徒歩3分の場所にある「さわやか交流館プルート」において、午前中は企画部門としてのと鉄道活性化案のプレゼンテーションを行い、午後に企画部門と写真部門について各賞の発表が予定されています。